問題の内容

VirtualBox 内の仮想Windows Vista が、物理マシン(仮想ホスト)のUSBポートにささったUSB機器を認識できない。

発生したときの環境

  • PC: hp ProLiant ML115 G5
  • ホストOS: Linux Mint 17.1 Xfce
  • 仮想ホスト: VirtualBox 4.3.28
  • 仮想マシン: Microsoft Windows Vista Ultimate Edition 32-bit + Virtual Box のGuest Additions インストール済み
  • 認識させたいUSB機器:KONAMI e-walkeylife 3(USB万歩計)

対応内容

対応(概要)

以下のウェブページを参考に、関係ありそうな操作をひと通り操作してみたところ、仮想マシンでもUSB万歩計を読み込めるようになった。

http://qiita.com/civic/items/684c4b82428feb0c4ae1

http://882323836.hatenablog.com/entry/2014/10/20/222401

対応(詳細)

1. VirtualBox のExtension Pack をインストール

以下をDLし、実行した。

DL元URL: https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads
DLしたインストーラー: Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-4.3.30-101610.vbox-extpack

Kazam_screenshot_00034-7052f.png

2. 使用するLinux ユーザーを”vboxusers” グループに加える。

コマンドラインで以下を実行

sudo adduser Username vboxusers

3. 認識させたいUSB機器(今回は万歩計)は、通常の取り外し手順で外しておく。

4. PC再起動

5. USB万歩計をUSBポートにさしておく。

6. VirtualBox でUSB機器を設定

・VirtualBox を開き、該当の仮想マシンを選択し、[設定]を開く。
・「USB 2.0 (EHCI) コントローラーを有効化」にチェックしておく。
・右側の+アイコンをクリック
・[KONAMI HALND [0001]] をクリック

Kazam_screenshot_00039-c1893.png

  ⇒ 「USBデバイスフィルター」一覧に追加された。

Kazam_screenshot_00040.png

結果

仮想マシンであるWin Vista にインストール済みの該当USB万歩計の専用アプリで、該当機器を認識できるようになり、歩数データも読み込めた。

所感

以前、Windows + Virtual PC で仮想マシン(Windows)を使っていた時は、こういうことをしなくてもUSB機器を普通に使えていたと思う。Linux + VirtualBox だとそういうわけにわいかなくて、こういう作業が事前に必要みたい。

広告