概要

WDS(Windows 展開サービス)でWin 10 のイメージを配布したら、「パス [Offline Servicing] で無人設定を適用できませんでした。」と表示されてセットアップが中断された。
原因は、Win 8.1 メディアに付属していたboot.wim を使っていたことだった。
Win 10 メディアに付属しているboot.wim を使って配布し直したところ、その先に進むことができた。

Kazam_screenshot_00320.png

詳細

 

発生したときの環境

ネットワーク

VirtualBox による「NATネットワーク」環境
対象の仮想サーバーも仮想クライアントも全てこのNW内にいる。

仮想マシンA(サーバー)

  • OS:Windows Server 2012 R2 64bit 評価版
  • Windows 展開サービス + それを動かすための必要なコンポーネント(AD、DNSサーバー、DHCPサーバーなど)を全てこの1台に集約
  • セットしたブートイメージ:Windows 8.1 Enterprise 64bit 評価版 のISOの中に入っている、\sources\boot.wim
  • セットしたインストールイメージ:Windows 10 Enterprise 2015 LTSB 64bit 評価版 のISOの中に入っている\sources\install.wim

仮想マシンB(クライアント)

  • 空っぽの状態
  • このマシンに配りたいOS:Windows 10 Enterprise 2015 LTSB 64bit 評価版

発生状況

仮想マシンBでPXEブートし、WDSにセットされたブートイメージで起動した。
ブートイメージは起動したが、その後のインストールイメージのセットアップ途中とおぼわしき段階にて、「パス [Offline Servicing] で無人設定を適用できませんでした。」と表示され、セットアップが中断された。

対応

ブートイメージをWin 10 のものに差し替えてから、同じように配信作業を行ったところ、仮想マシン
Bにて問題なくWin 10 のインストールが完了した。

エラー発生時

  • Windows 8.1 Enterprise 64bit 評価版 のISOの中に入っている、\sources\boot.wim を使用。
  • Windows PE のVer:6.3.9600(64bit)
Kazam_screenshot_00324.png

エラーなし時

  • Windows 10 Enterprise 2015 LTSB 64bit 評価版のISOの中に入っている、\sources\boot.wim を使用。
  • Windows PE のVer:10.0.10240(64bit)
Kazam_screenshot_00320-0e75b.png

所感

やっぱその都度合うバージョンを使わないとだめだよね(+_+)

広告