概要

Windows PE 2.0 のブートCDとその中に入れておいたImageX を使い、Windows Vista のパーティションをキャプチャーして、WIMファイルとして保存した。

保存先は、USD接続の外付けハードディスク。

詳細

環境

  • Windows PE:Ver. 2.0 32bit ブートCD IMAGEX.EXE がルートにあり。
  • キャプチャー対象:PCの内蔵HDD内にある、Windows Vista Home Premium 32bit がインストールされているパーティション

※ Win PE ブートDVDは以下の記事で作成
http://fanblogs.jp/mygadgetdiary/archive/81/0

手順

Win PE CD でブート
外付けHDDを接続
コマンドラインで以下を操作
Diskpart ツールを起動

X:> diskpart

ボリューム一覧を確認

DISKPART > list volume

⇒ この後の作業たちのため、ここで予め外付けHDDやCD/DVDドライブのドライブ文字などを控えておく。
ちなみに今回は、外付けHDDが”D” でCD/DVDドライブが”E” だった。
内蔵HDDを選択。
※数字は多分”0″かなってことで”0″を指定。

DISKPART> select disk 0

パーティション一覧を表示

DISKPART> list partition

⇒ 容量から見て、Vistaがありそうなパーティションは”3″だった。

Vista があると見込んだ”3″のパーティションを選択

DISKPART> select partition=3

パーティションにドライブ文字”T”を指定

DISKPART> assign letter=T

Diskpart ツールを出る。

DISKPART> exit

ブートCDのドライブに移動

X:\> E:

ImageX ツールで、Vistaがある”T”ドライブの内容をキャプチャーして、外付けHDDの”D”ドライブに保存する。
その時、適当に圧縮もかけておく。

E:\> imagex /capture T:\ D:\my-windows-partition.wim “My Windows partition” /compress fast

結果

OSイメージをWIMファイルとして外付けHDDに保存できた。
また、ImageX実行時、以下のファイル/フォルダーはキャプチャー対象から除外される旨の表示あり。よかった。
\$ntfs.log
\hiberfil.sys
\pagefile.sys
“\System Volume Information”
\RECYCLER
\Windows\CSC

参考にしたURL

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd744320%28v=ws.10%29.aspx?f=255&MSPPError=-2147217396

広告