概要

Runkeeper というアプリのウェブサイトの地図上に表示されている道の種類を調べたい。Runkeeper は地図元として、OpenStreetMap (OSM) を使っている。よって、OSMのウェブサイトを見てみた。
OpenStreetMap には、色々な種類の道が記載されている。種類によって、見た目が異なっているようである。例えば、点線だったり色が違っていたり。
しかし、どの表記がどのような種類なのかが、ヘルプ類を見てもよく分からなかった。
そこで、OpenStreetMap の編集ページにアクセスし、調べたい道を選択してみた。
すると、道の種類が表示された。

なお、今回私が調べたかった道は「小道」だということが分かった。

詳細

Runkeeper というアプリのウェブサイトの地図上に表示されている道の種類を調べたい。

Screenshot202016-08-1620093A033A58-thumbnail2.png
Screenshot202016-08-1620093A043A27-thumbnail2.png
Runkeeper は地図元として、OpenStreetMap (OSM) を使っている模様

元となるOSMサイトにて、地図とOpenStreetMap wiki を見てみたが、どの線がどんな道なのかがよく分からなかった。
3つの”Base Layer” でそれぞれ見たけど、よく分からず。


そこで、OSMの地図編集ページにログイン/アクセスしてみた。

Screenshot202016-08-1620093A453A48-thumbnail2.png

「iD (ブラウザー内エディター) で編集」ツールを開き、地図上の該当の箇所に移動。

Screenshot202016-08-1620093A213A27-thumbnail2

調べたい道をクリックすると、左側に道の種類が表示された。

 

広告