概要

Microsoft 試験 70-695 Deploying Windows Desktops and Enterprise Applications を受験して合格した。

詳細

この試験について

試験内容については、公式ページに記載あり。

この試験に関する特記事項

試験は英語版のみ。資料も英語ばかり。使うソフトも英語版しかないものあり。

合格までの道のり

使った教材

最終的に、以下の教材を使った。

教本

この試験のための唯一と言っていいかもしれない教本。

Exam Ref 70-695 Deploying Windows Devices and Enterprise Apps (MCSE)

新品価格
¥4,771から
(2018/8/2 07:05時点)

—> 読んだ感想はこちら

問題集

この試験の公式ページにリンクが張られているマイクロソフト公式演習テスト。
PEARSON のmindhub というストアで売られている。オンライン版テストを買うと、measureup というサイトでオンライン練習問題を受けることになる。
解説もあって、問題数も多い。かなり最高(^_^)

ウェブページ

上記の教本や問題集でURLが紹介されているTechNet ページやMSブログ記事。
これらを読む。

英語訓練

TOEIC 990点を目指す本を使って、英語を速く読む訓練をした。

CD-ROM付 [新装版]TOEIC(R)テスト BEYOND 990 超上級問題 プロの極意

新品価格
¥2,376から
(2018/8/2 07:08時点)

—> 本の感想はこちら

実技経験

仕事として実践

仕事で、試験範囲のことを実践できる機会に恵まれた。
ボリュームライセンス版の、Windows ServerやWindows クライアントそしてOffice があれば、あとは無償ダウンロードできるMSツール群と組み合わせて、色々と実践可能。
Office 365 も多少触れた。
ただしSCCMについては、触れる機会はなかった。
SCCMの前身であるSMSについては、過去に運用経験あり。

自前で練習

評価版Windows Server とクライアントをダウンロードして、VirtualBox にインストールしてみた。WDSとMDT環境を構築し、気になるところを実際にやってみた。
また、TechNet Virtual Labs で、SCCMを体験。

失敗談

一発目は不合格だった・・・。
原因を自己分析すると・・・

  • ほぼ教本だけで挑んだ。
  • 英語を読むのが遅かった。

この後、必ずやリベンジすべく(*_*)、上記の問題集や英語特訓、実践を行ったというわけ。

所感

公式演習テストの力が一番でかい!
初めの方からこれをほぼ完璧にできるようにしておくのが、実は一番効率的だったかも・・・。
かなり遠回りしてしまったのかな・・・(*_*)
まいっか。
それにしても試験代高いな・・・。練習問題もね(*_*)
でもだからこそ、合格時の喜びはでかい。

広告