概要

Linux 上でLINE をやるにはどうするのが一番よいか考えてみた。
その結果、Chrome用のLINEを使うか、Pidgin にpurple-line を入れるのが良さそう。

詳細

動機

LINEは今やよく使う。
スマホだけではなく、PCでもLINEを使いたい。PCの方がキーボードがあり、はるかに入力しやすいので。

しかし私のPCはLinux である。
Linux 用のLINE は今のところ無い。
でもLinux でLINE を使う方法はいくつかある。
どの方法が一番よいかを考えてみた。

環境

OS:Linux Mint 18 “Sarah” MATE 64bit

各種候補策

思いついた候補策を書き出す。試した結果なども書いてみる:

Chrome 版のLINEを、Chromium ベースのウェブブラウザーに入れる。


Chromium ベースのウェブブラウザーであるVivaldi に入れてみたところ、問題なく使えた。
ダウンロード方法は、LINEのウェブサイトから、”Chrome版”をダウンロードし、[アプリ] として追加する。
使うときは、Vivaldi のアドレスバーに以下を入力して、[LINE] をクリック。
vivaldi://apps
今のところ文字化けなどもなく、問題なく使えてる。

使ったバージョン

  • ウェブブラウザー:Vivaldi 1.6.689.46 (Stable channel) (64 ビット)
  • LINEアプリのバージョン: 1.4.9

wine 上にWindows 版のLINE をインストール

以前にLinux Mint + wine に入れてみたが、文字化けや入力が無視されるなど、色々な問題が生じた経験あり。それ以後は使ってない。

Pidgin にLINE 用プラグイン”purple-line” を入れる。

このページを参考にして入れてみた。
うまくインストールできた。

使ったバージョン

Pidgin 2.10.12

その他、参考にできそうなページ

http://altrepo.eu/git/purple-line

初めて使うときは、モバイル端末での認証が必要。

Pidgin なので、タスクトレイに常駐できるのがグッド。
ただし、ログオン毎に以下のようなメッセージが表示されてしまった。

Windows の仮想マシンの中にWindows 版LINE をインストール

VirtualBox などを使う。
確実な方法かもしれないが、いちいち起動などに手間がかかる。

以下、自分では試していないけど、考えられる方法

Linux 用のAndroid エミュレーターソフトを入れて、その中でLINE を動かす。

これも、いちいち起動などに手間がかかりそう。

今後の運用

Pidgin のプラグインかChrome 版LINE を使うのが良さげ。
ただし、Pidign はLINEとのバージョン関係がなんとなく不安なのと、Chrome 版はタスクトレイなどに常駐させることができない。
一長一短。
このため、普段はあくまでスマホでLINEの受信アラートに気づくことにして、必要に応じてPidign かChrome版を立ち上げようと思う。