概要

Android スマホで使っている電話帳アプリを変えてみたかった。
そのために、新しい電話帳アプリを入れてみた。そして、その中で各連絡先がちゃんと表示されていることを確認した後で、既存の電話帳(ドコモ電話帳)で連絡先を全消しした。
そうしたら、スマホに入っている全ての電話帳(上記2つを含む)にて、全ての連絡先が消えてしまった。
どうやら、どの連絡先アプリも、裏では同じ連絡先データを見ていた模様。
その後、[Google設定] の[連絡先の復元] 機能により、連絡先データは一応復活。
ビビった。

詳細

環境

  • 機種:SAMSUNG SC-01F
  • OS: Android 5.0
  • もともと使っていた電話帳アプリ:ドコモ電話帳 14.00.00056
  • 乗り換えようとした先の電話帳アプリ:電話帳X free – アドレス帳 1.7.9.1

動機

電話帳を乗り換えようとした理由は、ドコモを解約してMVNOにしたのに「ドコモ電話帳」を使い続けることは、もはや使っていないドコモ連携関係などの余計な機能によって機種のリソースを余計に取られてしまうのでは?という些細な懸念から。

消えた経緯

まず、自分にとって新しい電話帳アプリ(電話帳X free – アドレス帳)を入れてみた。
そうしたら、これまで使っていた連絡先が全て表示されていたので、このアプリが既存の「ドコモ電話帳」から連絡先を自動的にインポートしたんだと思い込んだ。
で、もう不要になったと思ったドコモ電話帳から、連絡先を全て削除した。「ドコモ電話帳」自体はアンインストールできないので、せめてデータだけでも軽くしようと思ったため。
その後、新電話帳アプリ(電話帳X free – アドレス帳)をもう一度見てみたら、連絡先が全て消えていた。
同じように、機種固有と思われる既存の「連絡先」アプリでも同様に、全ての連絡先が消えていた。

電話帳データの仕組みを思ってみた

私はこれまで、電話帳アプリがそれぞれ独自の連絡先データを持っているんだと思い込んでいた。
しかしどうやら、電話帳アプリというものは、実はどれも同じデータを見ていて、それを各々の表示方法で表示しているだけだったみたい・・・。
つまり、裏に1つのAndroid用連絡先マスターデータみたいなのがあって、各々の電話帳アプリは単にそれらを表示させてるだけ、って感じみたい。
どうやらスマホ、少なくともこの機種における連絡先データの在り方というのを、私は全然分かってなかったみたい・・・(*_*)

また、このデータには、ドコモクラウドと同期する用のデータと、Google のクラウドと同期する用のデータ、2種類あるみたい。
「ドコモ電話帳」を見ると、レコードごとにそれがドコモ用なのかGoogle 用なのかが、アイコンで分かるようになっているっぽい。

復元対応

以下のやり方で連絡先を復元した。端末に自動バックアップされていたデータから復元する方法。
これにより、「Google の連絡先」としてほぼ復元できた。

※ドコモ用の連絡先ではなく。
1. [Google 設定]を起動

2. [連絡先の復元] をタップ

3. “Samsung – SC01F ○○件の連絡先  ○月○日に復元” というところをタップ

4. [復元] をタップ

自分では仕掛けた覚えはないが、端末が自動的にバックアップをとってくれてたみたい・・・。

その他の復元方法の選択肢

私は今回はやらなかったが、他には以下のような復元方法があると思う。

「ドコモ電話帳」で、バックアップしてあったvcf ファイル をインポートする。

※消失事故前の段階で、同アプリで[エクスポート]することでvcf ファイルをバックアップとして保存しておく必要あり。

サードパーティのバックアップアプリで復元

※消失事故前の段階で、同アプリでデータを事前にバックアップしておく必要あり。