概要

Linux Mint の「アップデートマネージャ」で、「レベル」が「4」のアップデートが複数表示された。
色々調べてみたところ、どうやら1つずつ適用すべきとのことなので、1つずつ適用し、その都度OS再起動も行った。

詳細

環境

OS: Linux Mint 18.2 ‘Sonya’ “MATE 64bit”

経緯

「アップデートマネージャ」を見てみたら、「レベル」が「4」のアップデートが複数表示されていた。

少なくとも私が使ってきた環境では、レベルが4のやつは珍しい。
適用するにあたり何か注意点が無かったかなと思い、ちょっと確認してみた。

結果

以下を辿ってヘルプを読んでみた:
「アップデートマネージャ」のメニューバー — [ヘルプ] — [Contents] — [Update levels]

これによれば、レベル4のアップデートは、どうやら1つずつ適用すべきらしい。もし異常が出た場合に問題切り分けを行いやすくするためにも、とのこと。

なので、レベル4のやつについては必ずそのアップデートにだけチェックを入れて、つまり他のチェックを全て外した状態で適用し、念のためその直後に再起動を行って、ちゃんと動くかを確認した。
まずはKernel と”Linux-firmware” を1つずつ適用/再起動してみたところ、今のところ問題なく動いてる。