概要

Linux Mint をDVDからインストールしようとすると、黒い画面に以下のエラーが表示された。
 [ 0.044000] ..MP-BIOS bug: 8254 timer not connected to IO-APIC
で、その挙句に白地に細い赤線が何本か入っているような変な画面が出てきて、動作が止まってしまう。
これを回避するために、Linux Mint をDVDからブートしているときに[Enter] を押すと表示されるメニューの中で、[Start in compatibility mode] を選択することで、正常にインストールできるようになった。

詳細

環境

  • PC型番:DELL INSPIRON 1501
  • インストールしようとしているOS:Linux Mint 18.2 ‘Sonya’ “Xfce 64-bit”

症状

Linux Mint 18.2 インストールメディアをDVDブートして、”Welcome to Linux Mint 18.2 Xfce 64-bit” 画面にて、[Start Linux Mint] を選択すると、黒い画面に以下のメッセージが出てくる。

[ 0.044000] ..MP-BIOS bug: 8254 timer not connected to IO-APIC

で、それから少し経つと今度は白地に細い赤線が何本か入っているような変な画面が出てきて、動作が止まってしまう。
結果、インストールすることができない。

20170915_192536.jpg

解決策

Linux Mint 18.2 インストールメディアでDVDブートしたあと、”Automatic boot in ** seconds…” と表示されている最中に[Enter] を押すと、”Welcome to Linux Mint 18.2 Xfce 64-bit” メニューが出てくる。ここで、[Start in compatibility mode] を選択する。
すると、Linux Mint のDVDブートが成功し、GUIが出てくるようになった。
ここで[Install] アイコンを実行すれば、インストールが問題なく開始される。
そのままウィザードに従っていったところ、問題なくインストールが完了し、Linux Mint をHDDから起動できるようになった。

所感

同じPCで以前にLinux Bean をインストールした後も、起動時に画面がおかしくなって動かなくなるという現象に出くわした。このPCに搭載されているグラフィック系の機器とLinux の相性が悪いんかね。
ま、結果的にうまくいったんでよかった。