概要

 Linux Mint Xfce を使っている。そこで、はじめから入ってる「Thunar ファイルマネージャー」というファイラーを使っている。
それを使ってCD-R にファイルを書き込みたいが、書き込めない。
一見書き込めるかのような操作感と表示だが、実際は書き込まれない。
仕方ないので諦めて、書き込むときはXfburn を使うことにした。

詳細

環境

  • OS: Linux Mint 18.2 ‘Sonya’ “Xfce 64-bit”
  • 「Thunar ファイルマネージャー」のVer.: 1.6.11

困ったこと

Linux Mint Xfce を使っている。それで、はじめから入ってる「Thunar ファイルマネージャー」というファイラーを使って、CD-R にファイルを書き込みたかった。
そのために、ファイルを「空きCD-R ディスク」の中のエリアにドラッグ・アンド・ドロップしてみた。しかし、なんだか実際には書き込まれていない。書き込みボタン的なものも見当たらない。

E382B9E382AFE383AAE383BCE383B3E382B7E383A7E38383E38388_2017-12-16_08-32-44.png

取り出しボタンを押すことで、CDが取り出される直前にあたかも書き込まれているかのような表示が出てくる。しかし実際には書き込まれていない。

スクリーンショット_2017-12-16_08-33-04.png

2種類のリライタブル光学ドライブで試したけど、同じ結果になった・・。

解決策

仕方ないので、Xfburn という焼きこみ専用ソフトを使うことにした。

所感など

一見書き込みに成功しているかのように見えるのが怖い・・。で、一度書き込んだかのように見えた空きCD-Rを同じPCに再度挿入すると、一度書き込もうとしたファイルが再度burn:/// 配下に表示される。だから、ここでも書き込まれているかのように見えて誤解してしまう。実は書き込まれていないのに、このように表示されるのは誤解の元。
別のPCにその空きCD-R を入れてみることで、実際には何も記録されていないことが確実にわかる。
同じような疑問を抱いている人が他にもいる模様:
https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=175736