概要

Linux 版のThunderbird で、Gmail アカウント内の一部のサブフォルダーが表示されない。
親フォルダーの名前に日本語が含まれていると、その子供たるサブフォルダーがうまく表示されないことがあるようだ・・。
アカウント設定を作り直したり、親フォルダー名をアルファベットのみに変えたりしたら、うまく表示されるようになった。

詳細

問題点

Linux 版のThunderbird を使っている。初めからだったのか途中からなのか分からないけど、Gmail アカウント内には確かに存在している一部のサブフォルダー(ネストされたフォルダー)群が、Thunderbird 上では表示されていないことに気づいた。
2つのフォルダーの配下が表示されていない。
一つは「仕事」という親フォルダー名で、もう一つは「商用メルマガ」という親フォルダー名。
Thunderbird 内の最新の[購読]画面を見ても、そのサブフォルダーは見当たらない。

環境

  • OS: Linux Mint 18.2 ‘Sonya’ “MATE 64-bit”
  • Thunderbird: 52.6.0 (64 ビット)

試行錯誤

※然るべきタイミングでのThunderbird 再起動操作については、ここでは記載を省略している。
Gmail のウェブ設定画面の中にある[ラベル] に移動した。そこで、該当のフォルダーの右端にて、「IMAP で表示」チェックボックスはちゃんとONになっていることを確認した。
Thunderbird の[購読]画面で、[更新]ボタンを押すことで一覧を最新化するも、依然として該当のフォルダーは表示されない。
Gmail のウェブ画面にて、該当のフォルダーを試しにINBOX配下に移動してみた。
すると、Thunderbird 上で問題なく表示されるようになった。
しかしながら、やはり元のツリー構造のまま表示させたい。
そのフォルダーを元の位置に戻したら、Thunderbird 上で再び表示されなくなってしまった。
Thunderbird 上の[アカウント設定] にて、Gmail の設定を一度削除した。その際、データも残さないように選択した。
その後、再び同Gmail のアカウントを追加した。
すると、問題の2つの親フォルダーのうち「商用メルマガ」という親フォルダーの配下にあるフォルダーは、表示されるようになった。しかし、もう一つの親フォルダー配下のものは、依然として表示されない。
Thunderbird 上で、問題の親フォルダー「仕事」のフォルダー名を、”Job” に変えてみた。
すると、[購読]画面に表示されるようになり、そこでチェックを入れることで、Thunderbird でも問題なく表示されるようになった。
試しに、その後に再び「仕事」というフォルダー名にしてみた。すると、一部のサブフォルダーは表示されていたものの、多くのサブフォルダーは再び表示されなくなってしまった・・。

結論

どうやら、フォルダー名に日本語が混じっていると、Thunderbird 上でそのフォルダー自身やその配下のフォルダーが、正しく表示されないことがあるようだ。
結局、アカウント設定を作りなおしたり、問題の親フォルダー名を半角アルファベットだけにしたら、問題が解消された。

Kazam_screenshot_00058-2496b.png

所感

日本語だとうまくいかないことがあるって、けっこう昔の話だと思ってた
でも考えてみたら、Eメールって中身についてはいまだに文字コードの組み合わせの問題だとかがあって、気をつけないとけっこう化けたりするんだよね。
フォルダーについてもEメールの世界ではちょっとシビアなのかな・・・と思った次第。
たしかにIMAP上だと、日本語のフォルダー名って、別のコードに変換されてアルファベットと記号だけになってるんだよね実際は。なので、Eメール界においては、日本語のフォルダー名って今でもよくないのかも。と思った次第。

広告