概要

VHSをデジタル動画としてキャプチャーしてみた。
使ったのは、バッファローのUSB接続MPEGキャプチャー「PC-SDVD/U2」である。
特に問題なく取り込めて、最終的にはDVD-Video として焼くことができた。

詳細

環境

PC側

  • OS: Windows 7 Professional with SP1 32bit
  • PC: lenovo ThinkPad X220 SSD内臓

VHSデッキ側

  • 本体: VC-H106
  • 120分の標準録画のVHSカセットテープ

PCとVHSデッキをつなぐもの

  • USB接続MPEGキャプチャー「PC-SDVD/U2」本体
  • 両端RCAの3色ケーブル

やってみた動機

VHSカセットテープがまだうちに残っている。
かさばるこれらをなんとかしたいのと、中のコンテンツを久しぶりに見たい。
この際、全てデジタル化してみようと思った。
で、以前に8mm ビデオテープをデジタル化したときに使った、手持ちのUSB接続MPEGキャプチャーアダプターを用いて、やってみようと思った。

やったこと

まずはPCに、「PC-SDVD/U2」に付属しているCD-ROMを用いて、ドライバーと取り込みソフトウェア「honestech VHS to DVD 2.5」をインストール。
後者をインストールするには、同封のプロダクトキーが必要。

バッファローの製品ページから、アップデーターをダウンロードし、各種インストール。

PCとVHSデッキを、「PC-SDVD/U2」本体と両端RCA 3色ケーブルで接続する。

「PC-SDVD/U2」本体が認識されたことを確認。

「honestech VHS to DVD 2.5」を起動する。

上記ソフトの設定値として、デフォルト値から以下のように変更した。今回のキャプチャー対象はデッキもカセットテープも録画内容も日本のものなので、普通はNTSCってことになる。
 ビデオタイプ: NTSC_M
 録画ビデオタイプ: NTSC

キャプチャーテストして、OKなことを確認。

キャプチャー映像の保存場所(今回は内臓SSD)の空き容量が十分にあることを確認。

VHSテープをはじめまで巻き戻す。

VHS再生開始と同時に、本番キャプチャー開始

問題なく録画されたことを確認する。

DVD書き込みドライブと空DVD-Rをセット。

引き続き、「honestech VHS to DVD 2.5」で、撮った動画をDVD-Rに焼きこんだ。

DVD-Video の再生テストしてOKを確認

備考

はじめ、キャプチャーした動画を、USB3.0外付けのHDDに直接取り込もうとした。しかし、キャプチャー映像がカクカクしてうまく取り込めなかった。どうやら私のPCのスペックだと、外から取り込んだものを外付けHDDに直接保存するというのはきつかったようだ。よって、とりあえず内臓SSDの空き容量を確保して、そこにまずは保存してみた。
後継機と思われる製品

BUFFALO USB2.0 ビデオキャプチャー PC-SDVD/U2G2

中古価格
¥3,280から
(2018/4/18 23:46時点)

広告