概要

外出先でスマホを水没させてしまった。水没時間は数秒間程度。
これにより、電源が入らなくなった。
直後の応急処置として、手で外せるパーツをすべて外して、タオルなどで水滴を拭き取った。その後外出中は、風通しの良いところで各パーツを乾燥させていた。
帰宅後は即座に、各パーツを外した状態の本体の裏側に向けて、ドライヤーを数分間あて続けた。
さらに半日程度置いてから各種パーツを取り付けて起動を試みたところ、無事に起動するようになった。

詳細

経緯

川で遊んでいたところ、スマホを水没させてしまった(ToT) 水没時間は数秒間程度。
これにより、電源が入らなくなった。
これをなんとか復活させたい。

機器の環境

  • スマホ本体: GALAXY Note 3 SC-01F
  • 増量バッテリー類: Sato Commerce GALAXY Note3 SC10 SCL22UAA 互換バッテリー Lサイズ ( SC-01F / SCL22 / N9000 ) 3.8V 6400mAh TPUケース (ブラック)
  • その他パーツ: SDカード、SIMカード、本体内臓のSペン

やったこと

直後の応急処置(外出先での処置)

手で外せるパーツ(ケース、バッテリー、SDカード、SIMカード、Sペン)をすべて外す。

タオルなどで各パーツの水滴を拭き取る。
スマホ本体のケースの中も、できる限り拭き取る。ワンセグ用?のアンテナも引き出して、拭き取る。

風通しの良いところで各パーツを乾燥させる。

P8100287.JPG

帰宅後の処置

本体の裏側をメインに、ドライヤーの温風を数分間あて続けた。
あてる時間は、本体表面がなんとか触れ続けられる熱さになる程度にしてみた。
その後、各種パーツを取り付けてから起動を試みた。

⇒ 起動できたものの、画面が多少ちらついていた。さらに、数分後に勝手に再起動が走った(;・∀・) まだ本体内に水滴でも残っているというのか?? このため、さらに反日程度放置しておき、乾燥を進ませた。(以下)

さらに半日程度置いてから、各種パーツを取り付けて起動

⇒ 起動できた(^^) 液晶ディスプレイを含め、特に問題なし。

P8100292.JPG

参考にしたウェブページ

【諦める前に】水没した「ケータイ・スマホ」を自分で直すテクニック – NAVER まとめ

所感

スマホ水没ってまじでショックだわ(*_*) でも今回は運良く復活できたのでよかった。というか、復活できるんだ!と思った。
でも一度でも水没すると、各所が今後錆びやすくなったりすることで寿命が縮んでしまう気がする。