概要

Linux Mint を19にアップグレードした辺りから、ソフトウェアのアップデート元リポジトリ一覧の中にあったはずの、Vivaldi 用のリポジトリの記述が消えていた。
仕方ないので、手動で追加し直した。
すると、[アップデートマネージャ] にてVivaldi を再びアップデートできるようになった。

詳細

環境

  • OS: Linux Mint 19.1 MATE 64-bit
  • アップデートマネージャ: mintUpdate 5.4.7

現象

Linux Mint を19にアップグレードした辺りから、ソフトウェアのアップデート元リポジトリ一覧の中にあったVivaldi 用のリポジトリが消えていた。

やったこと

以下のコマンドを実行

wget http://repo.vivaldi.com/stable/linux_signing_key.pub
sudo apt-key add linux_signing_key.pub

以下のコマンドを実行して、sources.list を編集。  ※ vi で編集する場合

sudo vi /etc/apt/sources.list

以下の行を、sources.list 内に追記。

deb http://repo.vivaldi.com/stable/deb/ stable main

結果

[アップデートマネージャ] にてVivaldi をアップデートできるようになった。

「ソフトウェアソース」の[Additional Repositories] 一覧にも、Vivaldi のリポジトリが表示されていた。

参考にしたウェブページ

Linux Mint 18: Linux でも使える 5 つの Chromium 派生ブラウザ