概要

Linux Mint でゴミ箱を空にする度に、Sophos が複数のエラーを出してくる。
いちいち出てくるのは鬱陶しいのでなんとかしたい。
そこで、Sophos の例外設定に、自分の/home/.ecryptfs/
user/.Private/ パスを追加した。すると、エラーが出なくなった。
ちなみに、それぞれのhomeフォルダーは、OSの機能で暗号化している。

詳細

動機/経緯

手持ちのLinux Mint 環境に、Sophos Anti-Virus をインストールした。
その後、eicar でテストしたりして、問題無さそうだった。
その後、ゴミ箱を空にする度に、Sophos が複数のエラーを出してくるようになった。
ちなみに、それぞれのhomeフォルダーは、OS の機能で暗号化している。

エラー内容

次のファイルを検索中、エラーが発生しました。
/home/.ecryptfs/user/.Private/ECRYPTFS_FNE....(文字の羅列)
(似たような行の繰り返し)

ファイルへのアクセスが拒否されました

環境

  • OS: Linux Mint 19.1 MATE 64-bit
  • Sophos のVer.: 9.15.1

やったこと

以下のコマンドを実行することで、問題のディレクトリをウイルス検索対象から除外した。

sudo /opt/sophos-av/bin/savconfig add ExcludeFilePaths /home/.ecryptfs/user/.Private/

参考にしたウェブページ

ecryptfs (Linux) and access error – ignoring files/folders for live scan (Sophos anti-vir) – Sophos Endpoint Software – Endpoint Security and Control – Sophos Community

Sophos Anti-Virus for Linux: SELinux を使用時に「0x3c: Unable to write to talpa socket」エラーが表示される – Sophos Community

広告