概要

ubuntu をバージョンアップしたら、漢字や平仮名を入力できなくなった。
[地域と言語] の設定で「入力ソース」として[日本語 (Mozc)」を追加して、なおかつ一発目の日本語ONのときにキーボードのAlt + 漢字 を押してみたら、漢字や平仮名を入力できるようになった。

詳細

問題/経緯

ubuntu のバージョンを16台から18台にアップグレードしたら、他のローカルアカウトでログインした際も、漢字や平仮名が入力できなくなっていた。

環境

  • アップグレード前のubuntu のバージョン: 16.04 LTS
  • アップグレード後のubuntu のバージョン: 18.04.1 LTS

やったこと

以下のように、[日本語 (Mozc)] を追加してみた。

設定の[地域と言語] を開く。

「入力ソース」として[日本語] —- [日本語 (Mozc)」を追加

今回はMozc を選択してみた。

どこかテキストを入力できるところ(LibreOffice Writer など) に入力カーソルを置いた上で、キーボードのAlt + 漢字 を押してみた。
 ※なぜか一発目はAlt と一緒に押さないとだめだった。

それ以降、キーボードの漢字キーを押すだけで、漢字&平仮名変換のON/OFFができるようになった

広告