概要

Evernote からOneNote にデータを移行したい。
Microsoft が提供しているインポートツールを使ったところ、移行することができた。
ただし、一部のノートについては移行後にタイトルが空欄になってしまったので、それらについては手動でタイトルを付け直した。

詳細

動機

Evernote からOneNote にデータを移行したい。
理由は、Evernote よりもOneNote の方がノートの階層構造を整理しやすいと感じたから。
Evernote も階層構造を持たせられるのだが、ノートの数が多くなるにつれて使いにくいな~と感じてきてた。少なくともウェブUIだととても見にくいし整理しづらい。
階層構造は私にとって重視すべきポイントなので、階層構造をもっと扱いやすそうなOneNote に乗り換えることにした。

環境/使ったツール

前提条件

インポートツール(StartOneNoteImporter.exe)を使ってデータを移行する際に、同じ環境に予めインストール版のEvernote をインストールして、ログインしておく。
※ これをインストールしておかない場合、Evernote からエクスポートしたenexファイルを予め用意しておく必要がある。

やったこと

一括データ移行

インポートツール(StartOneNoteImporter.exe) をダウンロードして、起動する。

ウィザードに従って、実行していく。

“Use Evernote tags to organize content in OneNote” にチェックをつけた。

データ移行動作が完了した。
ただし、一部のノートは移行できなかったようだ。どうやらOneNoteでは対応できない文字列がタイトルに含まれていた模様。これはこの後で1つずつ移行することにする。

?*\/:<>|&#~%” の記号がタイトルに含まれているとだめみたい。

個別データ移行

一括でデータ移行できなかったノートを、個別に移行した:

Evernote 上で、移行に失敗したノートのタイトルから、OneNote では使用できない文字列を除外。

Evernote で該当ノートを、enexファイルとしてエクスポート。

該当ノートのタイトルを右クリックし、[ノートをエクスポート] をクリック

インポートツール(StartOneNoteImporter.exe) を再び起動

[Import a file instead] をクリック

下の方にある[Import a file instead] をクリック

enexファイルを1つずつインポート

[Chhose File] ボタンで、インポートしたいenex ファイルを選択。

結果

Evernote からOneNote にデータを移行できた。
しかし、一部のノートについてはタイトルが以降されなかった。なぜか空欄になった。
それらについては仕方ないので、手動でタイトルを付け直した・・。