概要

ThinkPad E490の内蔵インテルのVRAMの割当量を、BIOSにて512MBに変更してみた。
その後、そのPCのLinux Mintからも512MBと認識された。

でも、もともとメインメモリーと共有する仕様なので、あんま意味ないのかも・・・。

詳細

やりたいこと

ThinkPad E490のVRAM(グラフィックメモリー)割当設定を、256MBから512MBに引き上げたい。

環境

  • PC: Lenovo ThinkPad E490
  • ビデオ・チップ:CPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス 620)
  • OS: Linux Mint MATE 64-bit(Windowsとのデュアルブートに設定)

やったこと

BIOS(UEFI)設定画面

PC起動時に[Enter]キーを押し、BIOS設定画面に突入。

[Config] – [Displa] – [Total Graphics Memory]項目にて、256MBから512MBに変更。

[F10]キーを押し、セーブして終了。

Linux MintでVRAM容量を確認

—> ちゃんと512MBとして認識されていた。

確認コマンドの入力と、その実行結果:

$ lspci -v -s 00:02.0

00:02.0 VGA compatible controller: Intel Corporation Device 3ea0 (rev 02) (prog-if 00 [VGA controller])

    Subsystem: Lenovo Device 5072

    Flags: bus master, fast devsel, latency 0, IRQ 129

    Memory at a0000000 (64-bit, non-prefetchable) [size=16M]

    Memory at 80000000 (64-bit, prefetchable) [size=512M]

備考

・ちなみに、上記のようにBIOSでVRAM割当を512MBに変更する前は、以下のコマンド結果であった:

$ lspci -v -s 00:02.0

00:02.0 VGA compatible controller: Intel Corporation Device 3ea0 (rev 02) (prog-if 00 [VGA controller])

    Subsystem: Lenovo Device 5072

    Flags: bus master, fast devsel, latency 0, IRQ 129

    Memory at a0000000 (64-bit, non-prefetchable) [size=16M]

    Memory at 90000000 (64-bit, prefetchable) [size=256M]

・また、PCの仕様書にはじめから「ビデオRAM容量」は「メインメモリーと共有」と書かれているし、WindowsのタスクマネージャーやLinuxの”glxinfo -B”などでGPUのビデオメモリー(VRAM)の容量を確認してもそのように大きな値(3072MBとか)が表示されているので、実は今回のようにBIOSでVRAM容量を変えてもあんま意味ないのかも・・・。よくわからん。

参考にしたウェブページ

Linux Find Out Video Card GPU Memory RAM Size Using Command Line – nixCraft

広告