概要

自宅のインターネット回線をIPv6プラスにした。それ用のルーターも揃えた。
はじめは問題なくインターネットにつながっていたが、ルーターを色々いじったりしてからルーターを再起動したところ、インターネットにつながらなくなった。
どうやら、MAP-Eサービスにつながる動作のデフォルトというか自動的に決定されるっぽい時間間隔が、けっこう長い模様。
この時あまり待たなくて済むように、ルーターのウェブ管理ページにて手動でIPv6側につなぎなおしたところ、その後すぐにインターネットに再接続できた。

詳細

経緯/困ったこと

自宅のインターネット回線のプランを、IPv4のPPPoEからIPv6プラスにした。同時に、それに対応しているルーターも揃えた。
はじめは問題なくインターネットにつながっていたが、ルーターを色々いじったりしてからルーターを再起動したところ、インターネットにつながらなくなった。
ホームゲートウェイを再起動したりしても、すぐには改善されず。
どうやらこういう場合、何時間も待つと解消されるらしい。でも待ちたくない・・・。

環境(IPv6プラスにした後の状態)

  • インターネット契約/プラン:DMM光 ファミリータイプ ギガプラン v6プラスタイプ接続プロバイダ
  • ルーター:

バッファロー 11ac対応 866+300Mbps 無線LANルータ(親機単体)(ホワイト) WSR-1166DHP4-WH

やったこと

調査

ルーターにLAN側から接続しているPCにて、ウェブブラウザーのアドレスバーに”buffalo.setup”と入力することで、ルーターのウェブ管理ページに接続。

所定のユーザー名とパスワードを入力し、ウェブ管理ページにログイン。

[ステータス] — [ログ]にて「システム」のみにフィルタリングしてログを表示

“MEP-E” に関する行あり:

[MAP-E] Receiving a rule is successfully. Reconfirm after 455 min.

これによれば、前回の接続成功から455分後に再試行されるはず。でもそんなに長くは待ちたくない・・。

試行/結果

同じくルーターのウェブ管理ページにて、以下のように辿る:
[Internet] — [IPv6]

「インターネット@スタートを行う」を選択し、[設定]をクリック。

数分後、インターネットにつながるようになった。