概要

SDL Trados Studio 2019 を使っていると、ダイアルログ「~\AutoSave\~へのアクセスが拒否されました。」が表示されて、その後の操作が正常に行えなくなることがある。
Trados Studio の AutoSave フォルダーをいったんOneDrive の使用対象から外したり、色々いじってそのフォルダーを再同期みたくしたところ、問題のダイアログは出なくなった。

詳細

症状

SDL Trados Studio 2019 を使っていると、ダイアログ「パス ‘C:\Users\User\OneDrive\ドキュメント\Studio 2019\AutoSave\〇〇〇’ へのアクセスが拒否されました。」が表示されて、その後の操作が行えなくなることがある。

環境

  • OS: Windows 10 Professional 64bit バージョン 1903
  • OneDrive 使用状況: 自分のユーザーのホームフォルダー配下の全般を同期
  • Trados Studio のVer.: 2019 SR2 15.2.5.2145

考えられる原因

ダイアログ内で示されている問題のフォルダーがOneDrive 同期の対象となっているため、これが原因で何らかのつっかえが起きている。

やったこと

Trados はいったん終了しておく。
Microsoft OneDrive の設定画面の[アカウント] — [フォルダー選択] にて、ダイアログ内で示されている”AutoSave”フォルダー配下を、OneDrive 使用対象からいったん外した。

その後は色々と試したので良く覚えていないが・・・、PCを再起動したり、OneDrive のクラウド側にある同フォルダーを削除したり、クライアント側において再び同じ設定画面(上記)を開いて”AutoSave”フォルダー配下に改めてチェックを入れたりして、結果的に”AutoSave”フォルダーをOneDrive使用対象として再開した。
ちなみにこの一連の操作の途中、エクスプローラー上で問題のAutoSave フォルダーに×マークが付いていたタイミングがあった。

結果

Trados Studio 2019 を使っている最中に問題のダイアログが表示されなくなり、そのダイアログに起因すると思われる不調も解消された。

備考

OneDrive 同期の細かい仕組みをいまいち理解していないまま操作したが、とりあえず解決できた模様。
この一連の操作でなんで解決したのか、どういう動きの流れが起こって解決できたのか、OneDrive の動きがいまいち良くわからない(;’∀’)