概要

Linux MintのDisksで、古い外付けHDDのデータを消去した。

詳細

やりたいこと

Linux Mintで、古い外付けHDDのデータを消去したい。

環境

  • 操作するPCのOS: Linux Mint 19.3 MATE 64-bit
  • データを消去するのに使ったソフト:Linux Mintにはじめから入っているDisks (gnome-disk-utility 3.28.3, UDisks 2.7.6 (built against 2.7.6)
  • データを消去したいHDD:Western Digital WD800
  • 上記のHDDとPCをつなぐ変換アダプター:FIDECO USB3.0 SATA/IDEハードディスク 変換アダプタ(S3G-PL03)

やったこと

Linux MintのDisks(ディスク)を起動

左ペインにて、データを消去したいHDDを選択。

データを消去したいパーティションをクリックし、その下にあるギアのアイコンのボタンをクリックし、メニューの中から[パーティションを初期化] をクリック。

「ボリューム名」にボリューム名を入力し、「消去」スライドバーをONにして、[次へ]をクリック。

警告メッセージが出るので、今操作している対象が本当にデータを消去したいパーティションなのかを注意深く確認した上で、[初期化]をクリック。

パーティションの初期化が始まる。

パーティションの初期化&データの消去中